So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

#165 タワーオブテラー・その2 [Minecraft・イマジニア]


 みなさんこんにちは。猿島ジャックです。
 Welcome to "Imagineer"!! This is a blog of Minecraft.

 これはゲーム・Minecraft(マインクラフト)の建築日記です。
 "イマジニア(Imagineer)"という名前のワールド。
 異なるテーマエリアごとに区切り海や山や港町やアトラクション等を作っています。こちらでは風景や地図や設計の裏話をお届けします!

 今回は東京ディズニーシー再現エリア、最終回です。

 ううっ…涙が…出ん。

 タワーオブテラーの周りを作り直しました。


参考記事:#110 タワー・オブ・テラー(初期)
https://sarushimajack.blog.ss-blog.jp/2016-10-30




★★★




04172DDA-19DC-4AB8-A559-866D622CAD02.jpeg



◆建築の裏話・狭い土地に、どれだけ詰め込むか。


330EF1F3-1F27-4E50-9A47-3AE25AA53088.jpeg


 元々タワーオブテラー本体は三年前に完成していて、この度のリメイクでは「周りを完成させる」というのが主な作業となりました。
 実際のディズニーシーと比べて、タワーオブテラーの向きがまったく違います。実際は山に向かって斜めに建ってますが、斜めだとマイクラでは難しい。……やろうと思えば出来るが斜めのフォルムで実物に似せるのは難しい。

 とにかく敷地が狭い。海やホテルとの距離も近く、道の配置も海岸線も違う。よってニューヨークの古き良き町並みの再現は諦めました。

 「再現」と呼びづらいこの土地を、いかに味付けして実物に近づけるか。それが今回の課題でした。



◆土地を四つに分ける

 すでに完成していたタワーオブテラーと広場をひとつの地区として他に、

①火山が見える海岸
②南側の平地
③北側の海沿いと丘
 タワテラと広場
…という四つに分けました。



6C2E0466-F112-4518-83BB-943E4951D046.jpeg

 まず「広場」には噴水を追加。子供が夏になるとびしょ濡れになってるやつです。私はなったことないけどウォシュレットみたくならないかいつもびくついてます(笑)


720A7ADE-CF0F-4234-81EC-126C1FD7FEB8.jpeg


① 眺めを重視しました。海があり視界が開けた部分なので、火山とタワーオブテラーを遮ってしまうような高さのあるものは置けないのでそこが課題でした。


7982C74E-DC5A-48CD-B9C3-C15EA771526D.jpeg


 タグボート。作る構想はあったものの作るつもりは無くて。ただ予想以上に海沿いが寂しかったので、急きょ作りました。30分で出来ました。何事もやりゃなんでもできるな(笑)



B41D8BC7-A6F1-4AFA-A5FC-7DB94B63F0D3.jpeg

 あと小ぶりな装飾としてテントやワゴンを置きました。アイスクリームとかポップコーンを売ってるあたり。

② 南側の平地は、時間の都合で森にしました。ただここは広く余裕がある平地。ニューヨークの町並みを作れるよう、土地はそのつもりで空けておき、壁面は鉄骨風の装飾を施しました。

③ 北側の海沿いと丘。ここは他のエリアへ行ける道が通る、とても重要な部分です。三年前から道をどう通すかを考えており、タワーオブテラーの出口の建物を拡張して突き抜けるトリッキーなアイデアもありましたが、迂回することに。


14AB03E7-D661-46FE-BDF2-A5D07F1BF953.jpeg


 ここはタワテラによって出来る「巨大な影」が課題でした。かなり目立つ。なので影を避けるようにして道を引きました。奥へと道は続きますが奥で橋をかける必要があったので、必然的に坂道・丘になりました。丘にすることでタワテラの足元をなるべく隠す意味合いもあります。向きによってはタワテラは黒い巨大な何かでしかないですからね(苦笑)



◆曲がった坂

 この「曲がりながら坂を登る」という造りは以前作ったザンビーニリストランテ横と同じでしたが、今回は何もない更地にいちから作るので設計図通りに作りたかった。そこでツイッターにあげたように「新しい技法」を試しました。


E9D9BF06-F8D5-425C-B0DF-96F297D0F4AD.jpeg


<曲がり坂の作り方>

1 まず空中にガラスを敷き、設計図をもとに坂道のラインをガラスに描きます。ガラスだけを別のブロックに置き換えるブラシを使いました。

2 次に空中にあるガラスの下の空間に砂利を盛ります。この時、丘の高さや坂のキツさも考慮し盛ります。

3 そしてガラスに描いた坂道以外を砂ブロックに置き換えて落とします。

4 砂利の丘に砂の層が乗っかるので、砂を草ブロックに置き換え。空中の坂道を砂に置き換えて落とすと、周りが草で砂の道ができます。

5 最後に砂を坂道のブロックに置き換えて……曲がり坂の完成。

 少し、いやかなりめんどいです、時間もかかりましたが(笑)、曲がり具合だけは明確に決まっている、道の周りは草ブロックや森にしたいという場合には理想通りに仕上がると思いますね。最後に道の両脇に柵や街灯を置き、ハーフブロックでなだらかにして完成です。



◆タワーオブテラーのオリジナルの部分

 実際のタワテラには横に通路があります。関係者やビークルが通る専用口なので普段は閉ざされているんですが、ここはイマジネーション!ということで、奥はどうなっているんだろうということでオリジナルで作りました。


CB20FE43-ED28-4971-A61C-D0F1CF1FC210.jpeg


A9AB9143-FC2D-47B8-B543-7C67C5B3B911.jpeg

 まず門は実物をモデルにしました。手前の海沿いには岩を置いてみました。門をくぐるとT字路で、右が先ほどの曲がった坂。左はタワテラの出口に繋がります。



7B75F9C6-B81B-4F1F-AD69-4550CC0BCBEF.jpeg

壁面は15分くらいで仕上げた簡単なもので、廃ホテルをイメージ。



3D13351C-A4F2-4E6A-80A2-1C663B9B496D.jpeg



37C56B4D-3416-4ED5-97CC-9D1FCC2997DD.jpeg

 反対に坂を下ってくると……遠くにホテルミラコスタが少しだけ見えて、門を通るとポンテヴェッキオ橋と火山が見えます。この眺めと導線がどうしてもやりたかった。

CFEC6C22-1835-4315-8A12-C69E7D24E4C5.jpeg

842ECA05-51B3-48A1-B420-020FBB783DE4.jpeg



◆赤いアーチ橋

BFFC91F7-5B5B-465F-8F4D-BD3D949C74F8.jpeg

 坂を登ったところに橋をかけました。タワー・オブ・テラーに近いということで、ディズニーシーにある赤いアーチ橋(ハドソンなんちゃらブリッジ)をモデルにしました。急斜面に架かる橋なので橋脚あたりの地形はかなり手間がかかりました、もうやりたくない(笑)

E1E5ED86-A938-46BC-B205-80A3734696E1.jpeg

96AFE67D-4799-421C-9CF7-383E7A77364B.jpeg

 こちらは工事中の橋と陸地の様子。
 斜めの橋ということでworldeditのlineコマンドを活用。なお橋を渡ると奥に洞窟があり、くぐると港町「ポートイマジニアエリア」に繋がります。画像の奥に映ってるのがそれですね。建設中です。

 なおアーチ橋を渡らずに川沿いに進むと、数年前につくったポン・テ・リベルタという橋に繋がり、カナルグランデエリアに入ります。ここで東京ディズニーシー再現エリアは終わりです。



★★★



 まとめ。今回は、タワーオブテラーの周辺を作りました。タワテラ以外は再現ではないですがタグボートや門などを作り、自分のスキルで出来る限り近づける、そういった場所になりました。あと地味に、ディズニーシー再現エリアと他のオリジナルエリアとがようやく繋がったというのも、六年越しのゴールです。

 次回以降(おそらく5月)は、他の三つのエリアを仕上げていきます。風邪にコロナウィルスに負けず頑張ります(笑)皆さんもお気をつけください。



 ということで、ディズニーシー再現エリアはこれにて完成です!!




B16CAC79-8F90-463F-9F7A-BFE7A2E5639B.jpeg



 しかし……



BAF6D4A1-C5BF-454F-B8D9-3965DC2121B8.jpeg




 イマジネーションがある限り、

 冒険は終わらない。




D525D2C6-442E-4393-B03C-1036026B7585.jpeg




52E19AFE-7733-4ED6-98F4-31A1718EA2A2.jpeg




人生という冒険は続く…。




24999F6F-12EF-41AD-802E-6BBCF2657BE2.jpeg



0537B1F8-E33D-45BF-85E7-9DD6B48C4AFE.jpeg




ご覧いただきありがとうございました!
ブログは不定期更新です。更新しましたらツイッターにてお知らせします。
Twitter ID:sarushimajack




A0FCE44D-4C18-433D-B65D-B61BC5365C96.jpeg



共通テーマ:ゲーム

#164 ポンテヴェッキオ・その2 [Minecraft・イマジニア]

 みなさんこんにちは。猿島ジャックです。



えーー、
新年明けましておめでとうございます(笑)
2020年、令和二年初のブログです!



 Welcome to "Imagineer"!! This is a blog of Minecraft.

 これはゲーム・Minecraft(マインクラフト)の建築日記です。
 "イマジニア(Imagineer)"という名前のワールド。
 異なるテーマエリアごとに区切り海や山や港町やアトラクション等を作っています。こちらでは風景や地図や設計の裏話をお届けします!

 今回は東京ディズニーシー再現エリア。ポンテヴェッキオ橋のまわりを作り直してみました!


参考記事:#94 ポンテヴェッキオ(前編)
https://sarushimajack.blog.ss-blog.jp/2016-04-08



★★★



3982A9DF-C42C-4888-B3F5-72301AEBC34F.jpeg

↑2019年4月時点

↓2020年2月時点

9F79DAA6-D8D0-40C0-9A90-3CB4707D2848.jpeg



◆建築の裏話・橋の付け根

 イタリアに実在する"ポンテベッキオ橋"をイメージした橋。火山やタワーオブテラーの存在感があり"橋が目立ちにくい"という課題のクリアに乗り出します。


90FCB21B-2D45-4FB4-B6C8-FB4FC6423006.jpeg


 まず橋を移設しました。

 火山方向へ4ブロックずらして2ブロック高くしました。微調整ですがこれで遠く離れた場所からでも橋の存在感が出せました。

 橋の付け根は、水上ショーの観覧席になるあたりです。もともと拡張する目的が「水域を広げる為」なので、今回の作り直しでも小島(リドアイル)の再現はあきらめました。


5E0EF44E-1258-45DE-9415-3E889B505E7B.jpeg


 リドアイルを作らない代わりにそのデザインを引き継ぐことにしました。

 まず橋を修正する前に、橋の付け根をやりました。下に降りるスロープを作ってから、海沿いの歩道を装飾。コンクエストの白い石壁に、壁面は緑化することで全体的にさわやかな印象にまとめました。

 橋をずらして生まれたスペースには、半分にカットしたアーチを坂道の下に追加しました。くぐるとタワーオブテラーのほうへ抜けられます。


3B11E58C-E3C3-4B57-AAC0-1C469F8D4775.jpeg


 アーチを目立たせるために今回新しい建築方法を採用しました。黒い羊毛でアーチを型どりつつ内部を塗りました。中の影となる部分とアーチ枠を明確にしておくことで完成後がイメージしやすくなり、作り直しする手間が省けました。

 緑の柱が目を引くガゼボは、車椅子利用ゲストの観覧席です。この土台部分はベネチアによくある、ボートを収納するような扉付きの小屋みたいなアレにしました。

049C6076-5383-4A39-9D8B-C7FAE71D76AF.jpeg

4E5CECCA-ED5E-45C0-A010-32B0577FACD9.jpeg

D6AF6E77-4D13-4929-9062-571C704A7D67.jpeg

 コロンブス像はこんな感じに。心の美しい方ならコロンブスに見えるはず…(笑)ちなみにディズニーシーにある実物は堂々とした出で立ちで指を指していますがこれは意味があり、自身が発見したアメリカ大陸側に立って、出身国であるイタリア(ジェノヴァ)つまりメディテレーニアンハーバーを指差しているそうですよ。心の美しい方なら指差しているコロンブスに見え(略)

152ACED7-1D38-45C8-8BA0-D3BA69F813A4.jpeg



◆建築の裏話・橋


74F5C353-2862-4125-8D7C-689C77EEC10C.jpeg

AE515B1D-5F16-41E9-8271-3577432A085E.jpeg

 橋の上部は、真ん中に小さい建物を追加しました。実際のディズニーでは、テーマエリアが違う反対側の景色を隠す役目があります。

 その他色合いを近づけるため、miniaturiaのベージュの石レンガに置き換えました。



◆建築の裏話・火山のふもと

 橋の場所が決まってから火山側の陸地を仕上げました。立地としては火山の要塞や奥にある港町へ向かう道と橋が交差する"三叉路"。とくに、火山側に立って眺めたときにハーバー全体が眺めやすい高さにしました。

7CEAF97B-2FA5-4A4B-97A7-19432AC1B465.jpeg

9004B2CE-80AF-4007-8173-1FEF71E2B837.jpeg

D73CB66D-3FC8-48B0-8A49-06A30E34E2E8.jpeg

66A663F9-91E8-4ECB-A127-48BA0F4A3DAD.jpeg

35FD91DA-F7ED-40CE-9DDB-D2313A7D7D3D.jpeg

 それとツイッターで先行公開した通り、トイレも再現(笑)
 目隠しの壁には、コクリコットの濃い色の砂岩の壁とミニアチュリアの丸石階段をギザギザに(崩れたように)置きました。橋が2ブロック高くなったのに対し、トイレや要塞側は低いままなので、坂道の調整は難しかったです。

 トイレの裏手はここ四年近く空き地でしたが、今回地形を作りました。ここは火山の溶岩が流れ冷えて固まり、徐々に草が生えはじめた"台地"をイメージしました。一見ただの山ですが……実は内部にはコースターを作れるだけの空間を設けてあります。洞窟を走り抜けるアレです(笑)

 ここの制作には実は三時間かかりました。コースターの洞窟と歩道等の位置関係、コースの高度(つまりは山の高さ)をなるべく抑える……といった様々な課題があった。コースのカーブする部分は手作業で洞窟をつくり、直線部分は一気に土を盛って後で中と外側をギリギリまで削る…という手法をとってクリアしました。

 火山から流れる川も引き直し、溶岩流が冷えて出来たアーチもひとまわり大きく作り直し。

8BC1FDAC-9BD7-4627-A484-C019EFE4A066.jpeg



 最後に丘のスロープ。以前と比べて、曲線を再現する力が身についたのでそれを活かしスムーズに直しました。

27281399-E87F-4FC4-B5D7-DE3469367BB2.jpeg




★★★



 まとめ。今回は、ポンテヴェッキオ橋とその周辺を作りました。

 橋や広場やタワーオブテラーなど個々に完成していて、それらの間にある空いた部分を装飾して繋げる…という作業が多かったですが、わりとスムーズでした。どの建材を使い何を置けば違和感が無いかというのを考えるのは楽しかったですね。

 思えば、昨年夏からディズニーシー再現エリアの拡張と手直しを始めましたが、その準備自体は2019年1月からやってますのでもう一年経ちます。当時は未完成部分が多かったけれど少しずつ埋まってきて、よくやってきたなと思います。



31B6C7C8-29C9-4857-BCA9-9B49640388B1.jpeg


 さて次回ですが……、
 東京ディズニーシー再現エリアの最終回となります!!

 タワーオブテラー周辺を手直しします。新たに橋もかけますし、隣のエリアともようやく繋がる、その様子をご紹介します。次回以降は、他の三つあるエリアで民家や森や山を作り、今夏の完成を目指すという感じでございます!

 先は長いようで短いです。風邪にコロナウィルスに負けず頑張ります(笑)皆さんもお気をつけください。



ご覧いただきありがとうございました!
ブログは不定期更新です。更新しましたらツイッターにてお知らせします。
Twitter ID:sarushimajack



BF6B8CAF-B2A2-43AE-8E21-360DDBC8A2EF.jpeg


==========
==========

共通テーマ:ゲーム

#163 メディテレーニアンハーバー・その2 [Minecraft・イマジニア]

 みなさんこんにちは。猿島ジャックです。
 Welcome to "Imagineer"!! This is a blog of Minecraft.

 これはゲーム・Minecraft(マインクラフト)の建築日記です。
 "イマジニア(Imagineer)"という名前のワールド。
 異なるテーマエリアごとに区切り海や山や港町やアトラクション等を作っています。こちらでは風景や地図や設計の裏話をお届けします!

 今回は東京ディズニーシー再現エリア。ホテルミラコスタとミッキー広場を作り直してみました。四年ぶり、パート2となります!


参考記事:#46 メディテレーニアンハーバー
https://sarushimajack.blog.ss-blog.jp/2015-03-20


★★★


<更新情報>
12/31 画像7枚と記事アップ
1/8 画像9枚追加、1枚差し替え



◆まずは画像から。



E1F34870-6AD4-44F1-99BC-3A16FA99CF8F.jpeg





4B410C3D-24B7-457D-BBEC-D82CEA33A695.jpeg





EDDDAE06-ACF9-4B08-A8AF-2BC3928730AF.jpeg





FDCC15AE-0019-4C67-BF19-50CB1418EB51.jpeg





DD50FC41-3410-4BC9-8774-DE2437199D6E.jpeg





76877617-898E-4D13-8897-38BE0D4C8F4E.jpeg



 もしよかったら、建築の裏話も読んでいってくださいね!



◆建築の裏話・五年ぶりの作り直し

 五年前はまだ斜め建築という概念が自分には無かったので(笑)、角ばっていた外装は記念で地下に移設しました。
 リメイクにあたり、グーグルマップの航空写真を参考にしつつ建物の外壁のラインを決めました。斜め建築はやってきてはいますが、ここまで大規模な斜め建築ははじめてです。ミッキー広場が狭すぎるという課題もあり、再現エリアの拡張をしました。


591A505F-6250-40E5-AE37-2E46CF35A6F2.jpeg


 ホテルミラコスタ。色合いの選択に苦労しました。四年前はテクスチャも少なく表現が難しかったのは苦い思い出です。左側はイタリアの小田舎を、右側はパステルカラーにしてイタリアのベネチアを意識し、辺りの建物の雰囲気に近づけてテクスチャを選びました。


8D76233F-14A2-4C04-AD47-F8A1737F3BFD.jpeg


 今回の拡張で新たに作ったのが、向かって左の緑色の外壁のあたり。緑の柵を増やしたことでリアルになり、本当にディズニーシーだ!と感激しましたね。


4CF785D5-4D24-4407-AA14-74923F7D3BA3.jpeg


 ディズニーといえば、被り物などのグッズを売ってるワゴン。まず青い屋根のものを適当に作りましたが思いのほか良かったので、色違いの白も作りました。


61F8AC94-E80D-4681-9D3F-04D389A790CB.jpeg



 そうそう、小物系だとインフォメーションボード(待ち時間やショーの時間を知らせてくれるやつ)もリニューアル。



707DB115-4717-4FD4-A06E-C190BA31F5A4.jpeg



 中央の建物は頂上を追加し、外壁は砂岩の柵や階段などで装飾。壁に描かれただまし絵を再現しました。


76E7513E-B6B0-4CEE-9D3A-C6BB057D2F62.jpeg


 難工事だったのが、カーブの坂道。


EA71C2DF-B7FE-4800-85E7-81FA1B9A30D6.jpeg


 ポンテヴェッキオ橋やタワー・オブ・テラーへ向かうアプローチですね。いけるべ!と思ったらやっぱ難しい(笑)設計上、坂の両端の高さが変えられないうえ、水際は壁面にアーチを作らなければならず、道幅や勾配の調整が本当難しかったです。ミニアチュリアのみずみ色の壁面に、コクリコットのかわいらしい街灯。二つのテクスチャの合わせ技で、素敵な坂になりました。

 坂を登ったあたり。ホテルミラコスタの裏側へ回ると、東京ディズニーシーにはパラッツォカナルというエリアがあります。ここはベネチアをモデルにした「小さい」エリア、僕が好きなエリアです。ここに憧れて実際にイタリアへ旅行しましたね。イマジニアを作り始めた六年前は考えられないことだったと思います…。



◆建築の裏話・ベネチア風のエリアと砂浜

 このホテルミラコスタの隣にパラッツォカナルがありますが、イマジニアでは再現していません。タワーオブテラーに近い場所でスペースが狭いためです。このエリアを自分なりにアレンジしたのが、別に作ったカナルグランデエリアになります。再現していない代わりに、見える範囲だけ小さい運河を作りました。


44482B12-B97B-4CC6-BAE8-CE80C2229091.jpeg


 今回の拡張の流れとしては、まず海岸線を決め、建物のラインや配置を決め、既に作ったものの一部を移設したり破壊したりし、高さを調整しつつ建築を進めました。

 砂浜はそれらの地上設備が出来てから最後に手掛けました。何なら今日大晦日やった部分(笑)さすがにこのサイズ感で小舟の再現は難しくて…(苦笑)寂しすぎるのでヨットにする案がありましたが眺めが遮られてしまうため不採用となりました。けどこれはいつかやりたい。

 こういう砂浜を作ったのは初体験でした。雪を砂のテクスチャに置き換える技法は、多くのクラフターがやってきていて自分もいつかは!と思っていました。今後火山の奥に作る小規模なエリアでも、これを応用した砂浜が作れないか検討中です。ちなみに……このワールドではもうお蔵入りが確定した幻のエリア「アマルフィ海岸エリア」では、砂浜を作る予定だったので、場所は違えどこれが実現したといえますね。



◆変わらないもの=桟橋

 今回のリメイクにあたり、五年前に作ったものの半分は取り壊し、半分は地下に移設しました。拡張により海岸線やホテルミラコスタは南へ大きく移動しています。

 しかし変わらないものがあります。

 それが桟橋です。

 ホテルミラコスタのアーチを抜けて、真っ正面に火山が見える風景。アーチと火山の頂点は一直線になるよう設計していて、実はこれは五年前から変わっていません!この線はいわば生命線。「線」を繋ぐのがこの桟橋です。今回の拡張で南に移動しましたが、地味でしょぼくても、イマジニアを作っていくきっかけになった大切な建築です。



3D65E796-B961-421F-94C4-F1213076A8A2.jpeg



★★★



 二ヶ月かかった部分をお見せしました。転職の都合でなかなか進められず……スケジュールでは11月完成よりも一ヶ月も押してしまいましたね。来夏の全体完成に間に合わせるために装飾は最小限に留めました。見えない範囲ではまだ未完成なところもありますが、何か機会があればまたやりたい。

 さて東京ディズニーシー再現エリアのリメイク、残るはポンテヴェッキオ橋・タワーオブテラー周辺のみとなりました!!ふーーここまできた!!その後は火山周りと、他三つのエリアのブラッシュアップです。


 2020年初夏、イマジニアは終わります。
 それまで、マイクラも仕事も頑張ります。


2019年お世話になりました。
来年もよろしくお願いします!
よいお年を!!!



2411F51D-DF4E-40CF-B7FF-B27CB82A0C8F.jpeg



ご覧いただきありがとうございました!
不定期更新です。更新しましたらツイッターにてお知らせします。
Twitter ID:sarushimajack




共通テーマ:ゲーム
前の3件 | -